FC2ブログ

記事一覧

入替わり?えっ?いつ?

県の再生支援相談に行き、二時間真剣に相談。アフターコロナに、どんな経営をしていくか、現状のお客様の動向や、どんな取り組みをして、どうしていくつもりか。相談員様とみっちりお話し、その後どう建物内に現在在席されている、息子が生れた15年前にお世話になった方にもご挨拶。ふ~疲れた、、、、、、そして、車に戻って気がついた。Yシャツの袖に、息子の通う高校の校章が!どこで入れ替わった?セーラー服じゃなくてよか...

続きを読む

伊奈ヶ湖で気分転換

コロナのお陰で、昼の宴会という物が無くなりました。櫛形山の登山口にもなっている、伊奈ヶ湖がある県民の森へ。櫛形山は冬にチェーンスパイクだけで登ったら、標高1800m位から雪が増えて、踏み抜きばかりになり、結構焦りました。子供が小さい頃は、水生昆虫を学ぶイベントなんかにも来て、楽しかったです。旧櫛形や白根町は、以前は週末になると宴会で、お客さんを迎えに来ましたが、今はそういう利用もすっかり無くなりました...

続きを読む

手袋自動装着機を設置

レストランの入り口に、ビニール手袋の自動装着機を用意致しました。ちなみに木製の台は、当館オリジナルで作りました。正直本体より台の方が高いです。アメリカのスーパーで使っている、「aeroglove」という製品です。私が若いときアメリカを放浪していた時に見かけました(ウソ)お世話になっている、厨房機器の業者さんが探して下さいました。(ホントウ)レストランの入り口で、手指の消毒と「利き手」に手袋を装着していただ...

続きを読む

売店の入口チョークアート看板

コロナ禍のため、朝のモーニングセットは、おにぎりは辞めてトーストセット500円+税だけにしたので、メリーチョークアートのO様に修正をお願いしました。おにぎりのスペースには、夜のテイクアウトメニューのおほうとうを描いていただきました。先に写真をお渡ししておきましたが上手ぅ~チョークアートなのに、絵から湯気が出そう。...

続きを読む

朝の白山(八王子山)

誰もいない厨房を覗くと、今朝の朝食は30名様以下(結局日帰りのお客様がいらっしゃって30名様になりました)。これならスタッフにお任せしても良いだろうと、湯村温泉から北へ3km(往復6km)の白山(八王子山)へ朝のプチ登山。山頂で日の出を楽しみました。500mlの水を1本でちょうどピッタリ。往きはご夫婦連れ一組と、知人のトレイルランナーSさんだけお会いしましたが、還りはトレイルランナーや、朝のお散歩...

続きを読む

やっぱり最期は

昨日はGoToトラベルキャンペーンで、新しく始まる地域共通クーポンの説明会。現在旅行代金(弊館の場合には交通機関や、観光施設とのパッケージはないので宿泊代金)の35%が、補助される仕組みに加え、旅行代金の15%分のクーポン券が発券される仕組み。当初は9月1日からでしたが、現段階ではクーポン券が使えるお店の募集も始まっていません。紙のクーポンとスマホでゲット出来る電子クーポンの2種類があります。紙のクーポ...

続きを読む

秋の足音

田んぼにはかかし。野原にはすすき。そしてまだ暑いのに、山からは気の早い赤とんぼが下りてきた。そういえば今年は1回もプール行かなかったし、夏らしいイベントも行かなかったなぁ。ビアガーデン、プール、星空の映画祭、フィールドバレエ。でも、都会の方に比べれば、山や川には行けるんだから、田舎者は恵まれていますね。...

続きを読む

鳳凰三山 その④

観音岳から薬師岳は、標高を下げながらの縦走なので15分で到着です。薬師岳山頂 標高2780m。広い山頂で気持ち良いですね。証拠写真撮影。北岳ドーン。次の日帰りは白峰三山の筆頭で、日本第二位の標高北岳にチャレンジしたいですね。その前に今年は、一度失敗している金峰山の表参道ルートへのリベンジです。一旦、青木鉱泉に下りかけましたが、思いなおして薬師岳に戻り、隣の砂払岳 標高2735mにも寄る事にしました...

続きを読む

近く見えるようになります

夕べの夕焼けに染まる、甲斐駒ヶ岳と鳳凰三山。甲斐駒ヶ岳は昨年の膝の両足半月板切除手術後、そして今月は鳳凰三山の縦走をしました。これはほんとに不思議なんですが、一度登ると山が近く見えるんです。逆に昨年は病室から見えた近所の山が、とんでもなく遠く見えました。山に登っていても、お腹が減って疲れると、山頂がとてつもなく遠く見え、カップ麺食べてお腹が膨れて元気になると、山頂がグンと近く見える。こちらは朝のラ...

続きを読む

今年は豊作?

品種なのか、陽当たりなのか、こちらの田んぼは毎年早い。早くも稲穂が頭をたれ始めています。今年は台風が来ないので、大豊作かな?そういえば、九州などの水害のあった地域では、避難所でクラスターが発生しなかった。余程皆さん気をつけていらっしゃるのでしょうが、この暑さでどんな生活をされているのだろう。あまり報道をしませんね。気になります。...

続きを読む

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。