FC2ブログ

記事一覧

Go To キャンペーンについて①

7月21日の19時30分現在。
まだ、Go To キャンペーンの詳細な概要はまだ業界団体にも通達がきておらず、私共も詳細は判っておりません。
観光庁のGo To トラベルキャンペーン 概要のページをリンクさせていただきます。
現時点で最新の物に更新されているのは7月20日のものです。(その後更新されると思います)

現時点では日にちは確定していませんが、個人旅行は旅行予約サイトや宿の予約システム経由で、割引料金が適用されるとかかれております。(4ページ)
しかし、弊館では宿の予約システムからの予約が、登録できるかどうか現時点でお約束出来ませんので、お電話でお問合せがあった場合には「参画予定はありません」とお答えしております。
これには2つの理由がございます。

1、国土交通大臣がビュッフェスタイルの食事を提供している宿は、対象外という発言を記者会見でしております。
2、予約システムの登録方法や、システム構成の変更が必要なのかどうか判っていません。

1については確定なのか、確定でないのか、現段階では国からヒアリングやアンケート、申請用紙など一切連絡がないので、私共にも割引対象になるのかどうかは、まったく判りません。16ページにも感染症予防対策をした場合には対象となるが、しない場合には対象外と書かれております。弊館の予防対策が認められるかどうかは、問合せすることも出来ないので判りません。

2についてはもしシステムの変更などが必要な場合、それが変更可能なのか、変更可能としてもいつ変更出来るのか、まったく判っておりません。

この2点の理由から、直接弊社に電話予約やウェブサイトから予約した分が、Go Toキャンペーンの割引対象になる可能性があるのかないのか、まったく判りませんので、お客様には割引になりますという案内をする事が出来ません。
また、割引の額についても、何らかの割引後の価格からの割引なのか、通常料金からの割引なのかも判っておりません。

現在判っているのは東京都にお住まいの方は、対象外であるということははっきりしております。(12ページ)

明日7月22日から事業自体は始めるそうです。
同日までに予約をした予約に関しては、申請をお客様自身がすることで、後日還付をされると書かれております。(13ページ)
お客様ご自身が行う申請方法は15ページに書かれております。
宿泊施設発行の宿泊証明書(まだフォーマットは決まっておりません)、宿泊施設発行の領収書、申請書と個人情報同意書については、事務局ホームページでダウンロード可能又は宿泊施設で入手とありますが、7月21日の19時30分現在では、書式は決まっていないようですので、ダウンロードは出来ません。当然私共の手元にもいずれの用紙もございません。

独自に予約サイトとも連絡を取っておりますが、じゃらんnet様やJTBの予約サイト様では何も判らないという返事のみ、一休トラベル様は後で対象外になった場合には、施設で割引額を負担しなければならないような事が書かれておりますので、当館は参加いたしません。
楽天トラベル様は現段階では原則全登録施設対象でスタートして、自動的に割引料金が適用されるような事を聞いております。
ただ、これも7月27日までに変更となるかもしれません。

明日より事業が始まった場合に、現段階ではお客様の事後申告のお手伝いが出来るのは、宿泊代金の領収書と、宿泊証明書をお渡しするのみであるようです。
ただし、これも結果的に弊館が対象外施設となった場合には、代金の返還はされない可能性もございますので、お約束は出来ません。

なかなか電話は繋がりませんが下記が問合せ先となっております。

【お問い合わせ先】
Go To トラベル事務局

<一般利用者の方>
受付時間:10:00~17:00
TEL:03-3548-0520(土日祝は休み)
TEL:03-3548-0540(7月21日から7月31日まで毎日受付)
※8月1日以降は、別の電話番号にてご案内予定

弊館にお問合せをいただきましても、現段階ではこれ以上の回答をすることは出来ません。
信じがたいことではありますが、今の段階ではどこの宿泊施設に問合せをしても、同じような説明になると思います。

弊館としましては、直接の申込みに関しては、正式に開始した後も宿泊証明書と領収書の発行、申請書と個人情報同意書のフォーマートが決定した後には、プリントアウトをしておきお客様にお渡しするまでのお手伝いは出来るかと思います。

一部では本人確認を宿泊施設がし、後に本人ではないと判った場合には、割引代金を国から頂く事が出来ないというような事も聞いておりますので、直接のお申込についてはGo Toキャンペーンに対象プランを参画する予定は、今のところございません。
どんな形で宿泊しても、割り引き対象になるのか、登録したプランだけが対象になるのかも、現段階ではまったく不明のままです。

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。