FC2ブログ

記事一覧

鳳凰三山 その④

DSC_2066.jpg

観音岳から薬師岳は、標高を下げながらの縦走なので15分で到着です。

DSC_2065.jpg

薬師岳山頂 標高2780m。
広い山頂で気持ち良いですね。
証拠写真撮影。

DSC_2063_20200819094817592.jpg

北岳ドーン。
次の日帰りは白峰三山の筆頭で、日本第二位の標高北岳にチャレンジしたいですね。
その前に今年は、一度失敗している金峰山の表参道ルートへのリベンジです。

DSC_2068_20200819094819aa1.jpg

一旦、青木鉱泉に下りかけましたが、思いなおして薬師岳に戻り、隣の砂払岳 標高2735mにも寄る事にしました。

DSC_2069.jpg

薬師岳と砂払岳の間にある薬師岳小屋も営業中でした。
お食事などはしていないようで、飲み物やお菓子の販売とトイレが借りられます。
宿泊は予約のみで営業との事。
途中一緒だったトレイルランの皆さんも、先に休憩していました。
山小屋が開いているだけで、すごく安心感がありますね。

DSC_2071.jpg

ミヤマシシュウド。
薬師岳まで再度登り、青木鉱泉への下山道(中道)を下ります。
長い長い下山道でございました。

DSC_2072.jpg

ベニテングダケ

DSC_2073.jpg

名前判らぬキノコ

DSC_2074.jpg

ネズミシメジというキノコか?
判らないです。

DSC_2075.jpg

3時間半かけてようやく青木鉱泉へ。
登るのは大好きですが、下るのは本当に苦手です。
一生登っているほうが良い。
私がゴルフをやらない理由は、グリーンのパットがあるから。

青木鉱泉で駐車料金750円を払い帰ります。

DSC_2078.jpg

帰った日の夕方の鳳凰山。
これからは毎日見る度に、奮い立たせてくれそうです。

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。