FC2ブログ

記事一覧

午後から登山 大石峠より節刀ヶ岳

DSC_1320_20200831152903455.jpg

湯村温泉から車で45分。
笛吹市芦川の大石峠登山口へ。
14時12分から登山開始。
目指すは御坂山塊の最高峰「節刀ヶ岳」。すぐ先に「雪頭ヶ岳」という山もあり、紛らわしいです。
コースタイムは6時間10分なので、かなり急がないと日の入り時刻18時14分には、まったく間に合いません。
通常コースタイム120分の大石峠へ60分で辿り着けば、間に合う可能性あり、駄目ならそこで下山の予定です。



いきなり登山道通行止めの案内が・・・・
よく読むと、大石峠から破風山、黒岳に行く、新道峠が11月迄工事中とのことなので心配なし。
釈迦ヶ岳から黒岳、破風山、節刀ヶ岳の周回ルートは、しばらく使えないようです。
ちなみに釈迦ヶ岳も山梨県内で、割と近くに2つありますし、同じ御坂山塊の毛無山も2つあります。
登山口を間違える方も多いと思うので、ご注意下さいませ。

DSC_2160.jpg

芦川渓谷でも気温28度。
しばらくは簡易舗装の林道歩きですが、汗がポタポタ流れっぱなしです。
林道が終わってからは、樹林帯の山をひたすら登ります。
直射日光は当たりませんが、やはり暑いは暑いです。

DSC_2161.jpg

15時12分。
奇跡のぴったり60分で大石峠に到着。
曇っていて富士山は見えません。
風が吹いて来て、涼しくなってきました。

DSC_2162.jpg

黒いアゲハチョウが沢山集まって、花の蜜を吸っています。
羽にブルーの綺麗な模様がありました。



DSC_2170_20200831110502cda.jpg

一山越えて節刀ヶ岳に向かいます。
だいぶ日が傾いて来ましたので、平地と下りはせっせと走ります。

DSC_2172_202008311105042bd.jpg

標高1736m。
御坂山塊の最高峰へ到着。
相性が悪いのか、御坂の山からは一度も富士山ドーーンがありません。
時間がないし、雷もゴロゴロして来たので、揚げあんパンを立ち食いして即下山します。



DSC_2174_20200831110505e70.jpg

河口湖です。

DSC_2176.jpg

苔の中の真っ白のキノコ。

DSC_2179_20200831110508cd0.jpg

大石峠に戻りました。
ススキの穂が風に揺れています。
山はもう秋。

DSC_2180.jpg

樹林帯をひたすら下ります。
上り返しもないので、スイスイ降ります。

DSC_2183_20200831110511e9e.jpg

17時35分に無事駐車場へ到着。
コースタイム6時間10分を、3時間半で往復したのでヘトヘトです。
芦川の民家とコスモスが綺麗です。
もう秋はすぐそこですね。

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。