FC2ブログ

記事一覧

日帰り朝食の常連さん

DSC_2450.jpg

今日は久しぶりに、日帰り朝食の常連さんである、ご年配のご夫婦がお越しになりました。
桃や柿を沢山貰ったけど、夫婦じゃ食べきれないと、よくスタッフに差し入れをいただいたり、休館日や長期連休で日帰り利用のお休みする日以外は、殆ど毎日のように来て頂いていたお客様です。

4月にコロナで休業する最後の日にも来て下さり、お母さんには、「絶対に再開して!!ここに来るのが一番の楽しみ。」と言って下さったお客様です。
でもその時、私には「判りました!」と返事をすることが出来ませんでした。
休業する最後の一週間は、毎週末にオーダーストップする程ご利用いただいていた、朝食のビュッフェバイキングも、ご利用数が1日10名足らずになり、ついに予約は0人という日が出てしまっていました。
食べて頂いているのは、これは大変と公休日に自腹で朝ごはんを食べに来てくれた、朝食スタッフとこのご夫婦だけという状態でした。(涙が出るほどよいスタッフです。夕食のレストランでも同じことがおきて、夕食スタッフが家族で食事に来てくれたりしました。)

その時の事は、お休みしている間に、何度も何度も思い出しました。

よくやく7月に営業再開し、沢山の常連さんにご利用をいただきましたが、こちらのご夫婦のお顔を見ることはありませんでした。

今朝、日帰りの朝食チケットに、お名前を拝見した時にはすごく嬉しくて、思わず入口までお出迎えに行ってしまいました。
お母さんも、お父さんも全く変わらず、すごく元気で、すごく嬉しそうでした。

コロナでは色々な職種や業種が、感染リスクが高いとして、叩かれました。
屋形船、タクシー、観光バス、フィットネスジム、ビュッフェバイキングもその一つで、行政からは長く休業要請の解除の条件として、ビュッフェでの食事提供をしていないという条件が付けれていました。

その後は対策をすれば営業して良くなり、今ではその条件もなくなっています。GoToトラベルキャンペーンや、山梨の認証施設制度では、対策をしての営業が条件となっています。

多くの宿泊施設では、ビュッフェを辞めましたが、このお客様のために絶対にビュッフェを辞めないで、営業再開しようと心に決めていました。
その為にちょっと過剰な位の設備投資もしました。

そして明日は最後の対策として、ビュッフェ台の周りに、特注の飛沫感染カーテンを取り付ける工事を行います。

これまでも、山梨県のグリーンゾーン認証制度に、登録をしようかと何度も思いましたが、現状で認証を取るためには、ビュッフェのお料理を小鉢にするか、従業員が取分けるか、飛沫感染のシートやプレートをつけるという条件がありました。

しかし、前の2つの条件では、きっとお母さんは喜んでくれないと思っていました。
お母さんは自分で、好きな物を好きなように取りたいはず。
しかし、飛沫感染シートは、うちのビュッフェ台ではつけるスペースがなく、何度もアクリル板の業者さんと、考えましたが良いアイデアが出ませんでした。

半ば、県のグリーンゾーン認証は、うちでは取れないと諦めていたところへ、偶然知り合いの設計士の先生が、飛沫感染のアクリル板の設計デザインをしている事を知り、すぐに連絡を取った所、その日のうちに見に来てくれて、設計をお受け頂く事が出来ました。

元々飲食店の設計に、多く携わっている先生だったので、次から次へとアイデアを出してくれて、何度も下見や意見の交換を繰り返し、これなら使いかってもあまり落ちずに、感染防止効果も高いという図面を頂く事が出来ました。
しかも、現在は県で感染防止対策に対しての補助金も頂けるので、すぐにオーダーさせていただきました。

明日施工という日の前日に、Hご夫妻がお越しくださったも、ご縁と思います。

手指の消毒をして、マスクをしたり、手袋をしたり、お席を離したりと、不便をお掛けして、制限が多く心苦しいところですが、本当に意地を張って、ビュッフェを続けて良かったと思います。

以前とは違う部分もありますが、少しずつ元に戻りつつあることに感謝です。

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。