FC2ブログ

記事一覧

寝坊して釈迦ヶ岳&黒岳へ

昨日は甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根ルートに挑戦しようと、はりきって目覚ましを2時30分にかけましたが、14時30分にセットしてしまい寝坊。
コースタイム通りだと、3時30分にはスタートしないと無理なので諦めて、のんびり登れそうな釈迦ヶ岳と黒岳へ変更。
今回も御坂山塊からの富士山は全く観られず。
記憶だと今回と同じ釈迦ヶ岳・黒岳・毛無山・十二ヶ岳・節刀ヶ岳・・・そして今回と4連続。
余程相性が悪いと思われます。
次回は王岳から鬼ヶ岳・雪頭ヶ岳と思っています。

DSC_2406.jpg

5:50すずらんの里駐車場を出発、駐車場からの直登ルートもありますが、屏風岩から登りたいので、30分舗装道路を下り登山口から登ります。
7:31釈迦ヶ岳山頂(標高1641m)。
お地蔵様もマスクを着用。
何も見えないので、休憩せずにそのまま府駒山へ向かい、どんべい峠へ下り、黒岳へ登り返し。
9:38黒岳山頂(標高1793m)。
甲斐駒用に買ったBIGサイズのトマトチリヌードルで身体を温め下山。
11:04に下山し駐車場へ。
下山に利用したすずらん峠は、登山口に通行禁止の案内が・・・汗)
別に通れないところは無かったようですが、通ってはいけない道を通ってしまったようです。

5時間14分 コースタイム通りなのか、下調べしなかったので、早いのか遅いのか判りません。
行程10.5km、累計高低差1045mでした。

DSC_2414.jpg

DSC_2410.jpg

DSC_2416.jpg

DSC_2419_202010151129024a5.jpg

DSC_2420.jpg

DSC_2421.jpg

DSC_2424.jpg

DSC_2425.jpg

DSC_2429.jpg

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。