FC2ブログ

記事一覧

甲武信ヶ岳と雁坂嶺 その②

DSC_3411.jpg

雪の深い巻き道を抜けて、尾根道を歩くと、綺麗な笹原の向こうに、次に目指す破風山が見えました。
ここからの登り返しが、結構きつかったです。

DSC_3413.jpg

山梨では破風山、埼玉では西破風山と呼ぶようです。
標高は2317m。
気温はかなり上がってきましたが、この日は山頂はずっと氷点下でした。

DSC_3414.jpg

ゴロゴロした岩の尾根を、苦労しながら進むと、次の東破風山に到着。
6時間半位歩いて、もう、かなりバテバテです。
標高2260m。

DSC_3417.jpg

雁坂嶺に到着。もう雪はありません。
標高2289mです。
お昼過ぎた頃ですが、雲が出てきて気温が下がり始めました。

DSC_3419.jpg

見晴らしが良い雁坂嶺で、カップ麺のチリ味を、アツアツに茹でて体をあっため即出発。

DSC_3420.jpg

雁坂峠 標高2082mへ到着。
あとは下るだけ!!
と思っていたら、降水確率10%の予報だったのに雪が舞い始めました。
しばらくは、なが~い笹原を気持ちよく下ります。

DSC_3430.jpg

笹原が終わると、渓谷沿いの下山道。
なかなか、楽しい下山になりました。
半分位下りると、あとは舗装された林道になり、ダラダラ1時間以上歩いて、道の駅まで・・・
楽しみにしていた、名物の猪豚ラーメンは、オーダーストップ10分後の下山で、食べられませんでした。
10時間半かけて21kmのコース。
次は鶏冠山から甲武信ヶ岳、埼玉県最高峰の三宝山へ登って、かならず猪豚ラーメンを食べたいです。

DSC_3422.jpg


_20210411_143036.jpg


DSC_3435.jpg

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。