FC2ブログ

記事一覧

茅ヶ岳登山記録

DSC_2566.jpg

9月の連休最終日。
お泊りも少ないので、湯村温泉から日帰りで行けそうな山に登ってみました。
八ケ岳にちょっと似ていることから、「にせ八ケ岳」とも呼ばれる、茅ヶ岳 標高1704m。
日本百名山の生みの親である深田久弥さんが、登山中に亡くなった事でも知られる山です。
登山道入口は深田記念公園駐車場からすぐです。

湯村温泉からは一般道を韮崎方面に走り、昇仙峡ラインを北上します。
約17km。40分位掛りました。カーナビでは深田公園駐車場は出てこないようなので、韮崎市立穂坂小学校辺りで案内して貰い、そのまままっすく登れば、数キロで深田公園駐車場に着きます。

DSC_2592.jpg

DSC_2568.jpg

DSC_2569.jpg

DSC_2573.jpg

下山道との合流地点位までは緩やかなハイキングコースです。
道しるべも整備されていて、迷うような場所はありません。
段々と急な登坂になりますが、途中落石のため女岩からの迂回路に入りますが、岩場となりかなり急な登りが続きます。

DSC_2588.jpg

茅ヶ岳山頂です。

DSC_2584.jpg

DSC_2581.jpg

DSC_2582.jpg

DSC_2583.jpg

私は13時45分に出発して、丁度100分の15時25分で山頂に着きましたが、汗びっしょりになり、500mlの水1本半位飲みました。途中水場が1箇所ありますが、女岩の水場が落石のため使えないので、水は多めに持参した方が良さそうです。

山頂からは甲斐の山々がぐるりと一望出来ます。
今日は南アルプス側と富士山側は、雲が多く見えませんでしたが、すばらしいロケーションの山です。
下山は途中まで別のルートで、70分位で駐車場まで戻る事が出来ました。
この時期だと日が沈む時間が早いので、お昼前には登り始めたほうが安全かなと思いました。

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。