FC2ブログ

記事一覧

小楢山~母恋し~父恋し

DSC_0067.jpg
厄地蔵さん休館を利用して、山梨市・奥秩父山塊の南端にある小楢山へ登りました。
昨年の暮れにいためた膝痛のため、朝ランも1ヶ月お休みしていたので、リハビリ登山です。
不思議な事に登山後の方が膝痛がよくなります。
以前も同じ事がありましたが、普段使わない筋肉を使う事で、何かが矯正されるのか。

小楢山には農園体験ホテルフフ山梨さんの登山者用駐車場から登ります。
冬季は駐車場のトイレは閉鎖しているので、ご注意下さい。
途中まで舗装された林道を、なんだかんだ一時間歩きます。

DSC_0066.jpg
途中渓流もあり、岩魚?らしき川魚が泳いでいました。
どこかに水場もあるようですが、判りませんでした。

DSC_0068.jpg
一時間ほど林道を歩いて、やっと登山道入口ですが、獣避けのゲートを通って車でも、ここまでは来れるようです。
登山道は父恋し路と母恋し路の2つあります。
父の方が岩場の急登で、母の方が緩やかです。
感想ですが父恋し路を登り、母恋しを降りた方が良かったかなと思いました。

DSC_0077.jpg
だいたい1時間30分位で山頂1713mに到着。
気温があがって、もやがかかっていて、富士山がうすーくみえます。
西を見ると甲斐小駒や、地蔵が岳が眺望出来ます。
晴れていれば絶景は間違いないでしょう。

DSC_0069.jpg
山頂付近はまだ雪が残っていて、下山道は場所によって膝位迄積雪が残っているところもあります。
人間の踏み跡のない雪の上に、いろんな動物の足跡がありました。

DSC_0080.jpg
下山途中にもう一つの大沢山にも登頂します。

DSC_0083.jpg
父恋し路は岩の上を歩いて降ります。
苔蒸しているので、雨上がりなどは滑りそうですが、この日は乾いていたので、かえって歩きやすかったです。
そういう意味でも下山時には、父恋いしは選ばない方が良さそうです。
途中の白雲の滝は、殆ど凍結していました。

DSC_0088.jpg
帰りに笛吹川フルーツパークで、パンフレットの補充をさせていただきました。

登山開始から下山まで4時間30分。
膝痛用のサポーターの効果も確認出来ました。
次回は完全に膝を治して、4月に毛無山・十二ケ岳・節刀ケ岳に登る予定です。

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。