FC2ブログ

記事一覧

晩秋の大菩薩嶺のはずが。。。

DSC_0487.jpg

過日、息子と登るつもりで、大菩薩ラインから上日川峠を目指すも、登山道までの林道が台風19号の影響で全面通行止めだったため、その日は乾徳山へ急遽行き先変更しましたが、丸川峠からなら大菩薩嶺を目指せるようなのでソロでリベンジ。
湯村温泉から丸川峠分岐駐車場までは40分程度です。
スタートは6時30分。
天気予報では9時頃には雨があがり、昼からは少し晴れ間も見えるとの予想。
レインウェアを着込んで、雨の中出発です。

DSC_0490.jpg

二時間ほどで丸川峠に到着。
丸川荘は今日まで平日営業でした。
本当は昨日山を降りる予定だったそうですが、宿泊客が4人いたので朝から小屋を開けてくれていました。
ラッキーです。

DSC_0491.jpg

こちらの丸川荘さんは、当館のコーヒーを焙煎して納品してくれている、煎豆屋さんの珈琲が何種類も用意されています。
美味しい珈琲を出したいからと、煎豆屋さんに小屋の主人がやってきてから、長くお付き合いしているそうです。
ご主人お手製の木製マグカップは、順番待ちの人気グッズ。

DSC_0495.jpg

丸川荘から大菩薩嶺に向かいます。
途中コメツガの森が続きます。

DSC_0496.jpg

日本百名山で山梨百名山の大菩薩嶺山頂2057m。


DSC_0499.jpg

予報どおり9時頃雨があがったので、大菩薩嶺の少し先の雷岩の上で、カップ麺をつくり温まります。
が、、、止まっているとすぐ冷えるので、食べ終わったら早々に下山します。

DSC_0501.jpg

気温はおそらく氷点下。
登りは汗をかきますが、下りは寒くなってきます。
道がぬかるんでいて、シューズもズボンも泥だらけ。
2回石の上でこけそうになり、1回沢渡りの砂地で靴がドボンして凹みました。

DSC_0506.jpg

賽の河原。
避難小屋もありますが、霧が濃くて不気味ですねぇ。

DSC_0508_2019112819201296f.jpg

大菩薩峠の山小屋 介山荘。
小屋仕舞いしているっぽいですが、トイレは使えたのでお借りできました。

DSC_0509.jpg

大菩薩峠到着。
まったく、晴れ間は見えてきません。
そうこうしている内に、雨が降り始めて、やがて雪に。。。。

DSC_0517.jpg

下山を急ぎますが、どんどん雪が強くなって、いよいよ積もり始めました。
足元に気をつけながら、平らな道は走ります。

DSC_0518.jpg

上日川峠まで行けば、福ちゃん荘と、ロッジ長兵衛があるから、何かあったかいものを。。。。。
と、期待していましたが、どうやらどちらも小屋仕舞いしてしまっている様子。
屋根の下でスニッカーズを冷たい水で流し込んでいると、青年が上から降りてきたので、雪も凄いし一緒に下山することに。
大学4年生で教員を目指して、卒業後に専門学校に入りなおすんだとか、聞くとバスで来たというので、塩山駅までお送りすることに。
とっても爽やかな青年で、応援したくなっちゃいました。(何にも出来ないけれど)

途中、山にはかなり慣れた感じの、結構ご高齢のおばあちゃん達を抜いて登ったのだけれど、無事下山出来ただろうか。
少し心配です。

下山は14時。7時間半位かかりました。距離は16kmちょっとでした。

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。