FC2ブログ

記事一覧

武田の杜でほうとうを食べる 湯村山~法泉寺山~白山~天狗山(羽黒山)

先週の日曜日は、第11回武田の杜トレイルランニングレースでした。
そこで、武田の杜でほうとうを作って食べる会をつくり(会員:私・息子・甥っ子)
行って来ました。

DSC_0568_2019121517023922f.jpg
DSC_0570_201912151702406c4.jpg

湯村ホテルからも見える裏山の湯村山へまずは向かいます。
湯村温泉側からは、塩澤寺から、旅館明治裏から、そしてこの竹中英太郎記念館横からなど、いくつも登り口はありますが、どこも同じ道につながります。

DSC_0571_20191215170240534.jpg
山頂の湯村山城跡から見た、甲府盆地と富士山。
休憩小屋もあります。
トイレは白山から、一旦千代田湖まで降りた市営のトイレしかありませんので、先に済ませて登りましょう。

DSC_0572_2019121517024229b.jpg
湯村山から白山の途中にある法泉寺山は、甲府五山の一つ法泉寺の裏山。
ここから一旦下って、白山には登り返しとなります。

DSC_0578.jpg
標高も低く、距離も然程ないのですが、樹林帯から岩の階段、白い露岩の登山道、途中富士山や南アルプスが眺望出来る場所が沢山あり、すごく良い道ですね。

DSC_0579_20191215170245cc6.jpg
途中の枝道をよじ登ると、360度の大展望の楽しめる所があります。
すぐに登れるので、気づいたらぜひ登ってみて下さい。

DSC_0580.jpg
DSC_0581.jpg
登山道が白くなってきたら、白山山頂はもうすぐです。
山頂の八王子神社に参拝後少し下ると、白い露岩の南アルプスが眺望出来る展望広場があります。

DSC_0586_201912151702499f9.jpg
汗をかいたので、ちょっと休んでいると、お日様が出ていてもドンドン体が冷えてきます。
準備をしてからほうとうが煮立つまで約20分。
甲州地どり入りで、甲州ヤマゴ味噌に、和田製麺の生ほうとう麺材料は一級品。
息子も甥っ子もガタガタ震えて待っていたので、味はイマイチだったかもしれませんが、きっと美味しかったでしょう。
あつあつのほうとうを完食してくれました。

DSC_0590_201912151702515fb.jpg
満腹になったので、甲府名山に指定された天狗山(羽黒山)経由で下山します。
白山から防火帯を降りてしまいましたが、防火帯との分岐の先には、本来の登山道があったような気がします。
今回のルートでは、たまたま甲府名山を湯村山、白山(八王子山)、天狗山(羽黒山)と三山クリアした事になります。

DSC_0592.jpg
天狗山の山頂には、たくさんの祠と、剣が建てられています。
羽黒大宮神社から登る事が出来ますので、信仰のあつい山なのでしょう。

ぐるっと回ってだいたい3時間半位です。
登山靴なら一番良いですが、トレッキングシューズやスニーカーでも、十分楽しめますので是非お試し下さい。

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。