FC2ブログ

記事一覧

今は楽に生きる事が大切

医療現場は日に日に凄まじい事になっています。
医療物資の不足や、自らの感染への恐怖、助けたくても助からない患者、疲労する仲間たち、しかもそれらがいつ終わるのか判らない。

一時的ではあっても政府の用意した運転資金で、営業自粛しながらいつ貰えるかは判らないにしても、従業員の給与の一部は助成金が貰えるなんていうのは、正直文句を言ってはいけない程幸せな環境だと思います。
結果的に廃業する事になっても、金融機関以外には大きな迷惑はかけないのですから。

DSC_1167.jpg

今日も誰も居ないホテルに出勤(9時~17時はフロントスタッフが1名勤務します)し、換気のため窓を開けたり、換気扇を回しながら館内を巡回します。
電気の使用量は空調機・照明・ボイラー・冷蔵庫・冷凍庫の殆どを停止しても、平時の1/4~1/3位は使っています。
どこで使うのか判らないので、夜は換気扇を止めるようにしたら、少し使用量が減りました。

これからは多くの人の人生観が変わるでしょう。
自分より家族や仲間を大事にしたい、知らない人にも優しくしたい、人のためになる事をしたい、人を助けたい。

新型コロナウイルスが世界的に流行した事で、今まで積み重ねてきたビジネスモデルは、本当にあっさりと崩壊してしまいました。びっくりです。

何とか以前と同じように過ごそうとしますが、それも出来ないというストレスがありましたが、しばらく時間が経過して慣れてくると不便を不便と感じなくなる、「慣れ」が出てきます。
24時間営業はいらないよね、毎夜夜遅くまで居酒屋やレストランへ行かなくてもいいよね。

沢山食べて飲んで太ったら、お金を出してスポーツクラブでダイエット、新しい服を買っては翌年には古くなったと処分する。病気でもないのに病院へ行く。
学校以外で月に何万円も払って塾に通う。
高級な車に乗ったり、大きな家に住む。

そもそも都会に住むこと自体疑問に感じ始めるかもしれません。



DSC_1168.jpg

世界は変われるのでしょうか、日本は変わることが出来るでしょうか。同じことを続けたいと思った瞬間、ほんとうに苦しくなる。苦しみながら生きるのは大変です。

人は誰かに必要とされたいと思って生きている。
今はこれまでより人に必要とされることが簡単になると思う。
楽に生きられるチャンスかもしれない。
今まではもの凄く頑張らないと、必要と思われなかったけれど、今は少しの頑張りで必要と思われたり、逆に助けてともいいやすい。
ほんとうは気持ちは楽になっているかもしれません。

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。