FC2ブログ

記事一覧

湯村山から三密避けて帯那山へ

DSC_1268.jpg

雨のしとしと降る中湯村温泉を出発。
竹中英太郎記念館前の石切り場から、遊歩道に入ることが出来ます。
少し歩くと湯谷神社に着くので、拝殿の左脇をすり抜けると湯村山登山道です。
湯村山山頂までは標高差170m程15分~20分位で着くので、左側へ進むと千代田湖・白山方面です。

DSC_1272.jpg

DSC_1273.jpg

湯村山(標高446m)の次は法泉寺山(標高539m)、綺麗に整備された道ですので、アップダウンのある登山道ですが、スイスイ進めます。
途中眺望が開ける場所も何箇かあり、白山往復だけでも十分楽しめます。
この日は雨がパラついていましたが、白山(標高620m)までは1時間位で到着。(たぶん普通は90~120分位)
白山の山頂でスニッカーズ食べて、雨脚が強まったのでレインウェアを羽織ります。
トレイルランのトレーニング中の男性が駆け上がってきました。
ここまで出会ったのは5人。

DSC_1276.jpg

DSC_1277.jpg

以前、帯那山まで行ったときには、白山から中峠という道を進みましたが、倒木と藪と蜘蛛の巣でひどい目にあったので、一旦千代田湖畔まで下りて、道路を横切り帯那の集落を通りぬけ大正池まで進みます。
千代田湖は釣り客が早い時間からいらっしゃっていました。
帯那集落は田んぼの代掻きや水張の真っ最中です。
淡雪山の登山口までYAMAPを見ながらショートカットしようとしましたが、結果的に舗装道を進んだほうが迷わず間違いありません。
迷わず進めば30分位。大正池のすぐ先に宗教施設の弥勒館という道場があり、駐車場もありますが全て私有地です。

DSC_1280.jpg

DSC_1281.jpg

DSC_1282.jpg

淡雪山の登山道金子峠から急登を上がると、すぐに淡雪山の露岩(標高702m)へ到着します。
非常に眺望がよく天気が良ければ、富士山や甲府盆地、南アルプス、茅ヶ岳まで一望出来ます。
淡雪山山頂までは、ここらか短い距離で一気に標高をあげて標高792m。
お隣の興因寺山(標高845.5m)までは、それ程きつくなくすぐにつきます。
淡雪山も興因寺山も眺望はありません。2時間位歩いたのでピザパン食べます。
パスするならそのまま帯那地区の舗装道を歩き、帯那山の登山道入口「脚氣石神社」まで行く事も出来ます。
千代田湖からここまでは誰とも会いませんでした。

DSC_1283.jpg

DSC_1285.jpg

DSC_1286.jpg

興因寺山を降りると帯那集落の端っこに着きます。
道案内は何もありませんので、YAMAP頼りに脚氣石神社を目指します。
神社の手前に駐車場があるので、車でここまで来てしまっても良いです。
久しぶりに登山客(女性)と出会います。
挨拶して先に進みますが、前回は神社の右側から舗装道路をダラダラ登ったので、神社の左の沢沿いの道を選びます。
簡易舗装の道ですが、長い間手入れをしていないようで、土砂が入り、岩や倒木で荒れています。(登るには困りませんが)
時々、材木の切り出し用の重機が停まっています。ひたすら登るので疲れます。途中アミノゼリーを吸って無理やり登ります。
行き止まりに成りそうだったところで、ガードレールが見えたのでよじ登ると、丁度帯那山への登り口でした。
神社から90分位で見越山手前にある、甲府盆地からも見えるあの電波塔の前に到着。もってきた松林軒の饅頭を食べます。
ここまで来ればあとは緩やかな林道を進むだけです。
今は何もいませんが、帯那山高原牧場のゲートを通ると、帯那山はすぐそこです。

DSC_1287.jpg

DSC_1288.jpg

DSC_1289.jpg

DSC_1290.jpg

5時間で帯那山山頂へ到着。
この山梨百名山標識を背に振り返ると、富士山が目の前にドーンと、、、、見えるはずですが、この日は雲で見えません。
雲海の上に富士山が浮かぶ事もあり、富士山眺望の名所です。
ちなみに帯那山登山道は林道で、すぐ近くまで来れるので、冬場以外は5時間掛けなくても、30分でこちらの景色を見る事が出来ます。
この先に奥帯那山(標高1422m)があり、こちらが正式な山頂ですが、眺望は全くありません。
12時30分頃着いたので、早速カップ麺を食べながらお花見して下山します。

DSC_1293.jpg

予定より早く着いたので、破線ルートを進んで阿梨山(標高1102.5m)へ寄り道します。
眺望ゼロでした。。。。帯那山~阿梨山~白山で3時間掛けましたが、寄らなくて良かったような・・・・

DSC_1296.jpg

DSC_1297.jpg

千代田湖まで戻るとすっかり晴れて気温も上昇、釣り客も朝より増えていました。
白山から湯村山までは、ご近所の散歩コースになっているので、皆さんのんびり歩かれていました。

DSC_1298.jpg

湯村山から帯那山往復で9時間1分。歩行距離26.3km、標高差合計登り1802m、下り1807m。消費カロリー4303kcalと、数字だけみると五合目からの富士山2回分位の歩行距離に、富士山登る位の標高差となりました。

2018年の冬に帯那山へ登ったときの記事です。 この時は寄り道はしませんでしたが、興因寺山から脚氣石神社に向かう途中で迷ったので、9時間30分掛っています。
今回寄り道した阿梨山をパスすれば、8時間位で往復出来るように思えました。

2019年の冬に白山でほうとうを食べた時の記事です。 白山までなら登山靴でなくても登れますが、羽黒山経由の場合には、道が良くないのでトレッキングシューズ以上は欲しいような気がします。

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。