FC2ブログ

記事一覧

ゴホゴホッ



おなじみの荒川サイクリングロードのゴリラ。

現在はマスク着用中です。

お腹にいたずら書きされている。

山梨県内でも、ポツリポツリと新型コロナの感染者が出始めました。
ゴールデンウィーク中に、県からの営業自粛要請を無視したお宿さんの従業員さんが感染したようです。

このため、一旦はビュッフェバイキングも対策をした上で、営業できるというガイドラインの案が提出されかかりましたが、県庁からの連絡で、また振り出しに戻ってしまったと、旅館組合さんからFAXがありました。
県内の多くの宿泊施設が途方に暮れています。
ビュッフェの料理を従業員が替わりに取り分けるとか(人件費は無視で客数と同数の従業員で却って三密)、トングをお客様に一人一本渡して共有させないとか(食物アレルギー対策は無視)。
到底実現不可能な案ばかりですが、そうは言っても打開しないといけませんので、県の担当者さんにも、弊社が再開するときにする対策をあらためて提案し、会議にかけて頂く事としました。

1、宴会場での料理提供は全面停止。
2、お酒が入り、食事時間も長くなる夕食は、バイキングはやめお部屋にお持帰りのテイクアウトに変更。
3、朝食のバイキングは、手指消毒(スタッフ・お客様とも)していただく。
4、レストラン入店時には、マスク着用(スタッフ・お客様とも)し、お料理を取る間はマスクは外さないでいただく。
5、ここが凄く大事で、弊社独自対策ですが、お客様には入店からお席に着席するまで、利き手にビニール手袋をして頂きます。
6、ご希望があれば、お部屋にお持帰り出来る専用のトレーをお客様に貸し出し。
7、テーブル席は20%減らして、席の間隔を広く取る。
8、換気設備は十分な能力があるので、営業時間中も前後もフル回転する。
9、レストランのテーブルや、椅子席などは閉店時開店時に、消毒液で消毒をする。
10、フロントカウンターや売店レジには、飛沫感染防止のアクリルプレートやビニールシート。
11、レストランやフロントカウンター内には、水成二酸化塩素の自動噴霧器を営業時間中常時運転。
12、スタッフの発熱や体調管理の徹底。

しかし、県のビュッフェ禁止発表(あくまで営業自粛要請期間中)は、精神的にかなり応えました。
正直、温泉入浴と日帰り朝食は、ご近所のお客様からも早期の再開を熱望されていたので、それを心の支えに日々準備をしていたので、あまりの厳しい締め付けにガッカリしています。(ちょっと心が折れそう)

でも、諦めずに行政とも調整して、安全にご利用いただけるよう、出来る事はしながら再開に向かいたいと思います。

恐らく一都三件の緊急事態宣言が解除されると、そこからまた感染が広がる事と思います。
一番したくないのは、営業再開してからまた休業することですので、少し長いとお叱りを受ける事を覚悟で、夏休み前の営業再開を予定しております。
お許し下さいませ。

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。