FC2ブログ

記事一覧

占い師になろう

弊社の予定は、東京の緊急事態宣言より先に、決めた営業自粛期間です。

キャプチャ2

そしてこちらは、解除後の緩やかな県境を越えての移動緩和の目安です。

キャプチャ

今後は遠慮なく、私のことを「預言者」とお呼び下さい。
(宿屋が駄目になったら、占いの館を開業しよう。)

冗談はさておき、当初は予想より収束スピードが2週間早いなと感じていましたが、アビガンの承認が6月に先送りになったことと、思った以上に緊張感が緩んでいることから、やはり6月に第2波が来るように思います。

10万人辺り0.5人以内の新規感染者が5日連続で、緊急事態宣言解除。
1日辺り東京なら65人、山梨なら1日4人。

逆に緊急事態宣言再宣言は、一週間の新規感染者数が10万人辺り5人が目安。
1日辺り平均で東京なら92人、山梨なら6人位。
なぜか解除の目安よりちょっと緩いです。
経済優先の気持ちの焦りが政府にあるのは明らかです。

北海道はウイルス変異後の第2波が、本州より先に来た様に思いますので、第2波にかなり苦しみました。
しかし、ウイルスの変異以上に、人間の気持ちの変異が影響したように思います。
一度自粛によりウイルスの感染拡大を封じ込めたという「変な自信」が、北海道の方達の行動を大胆にさせたのではないかと思います。

H野リゾートなどは自粛要請にも関らず、全店舗ゴールデンウィーク中に営業を続けましたが、感染者は出ませんでした。
パチンコ店も散々テレビで取り上げられましたが、結果クラスターは発生しませんでした。
結果的に休んだ施設は「損をした」と感じているかもしれません。
これらの結果を受け、第2波が来た時に再度緊急事態宣言が出され、営業自粛要請をされても、前回のように要請に従う施設が減るのではないか、また、移動自粛を無視する方が多くなるのではないかと感じています。
要請は要請なので、守る必要がないからです。

新型コロナウイルスは、非常にやっかいでしつこいと言われています。
虎視眈々と人間が油断するのを待っているような気がします。
もうしばらく慎重に様子をみましょう。

それでも、何もなければそれはそれで良いと思います。
儲け損なうのは弊社だけです。
旅行に行かなくても死にはしません、どうか弊館の常連様達はあと2週間不要不急の外出をお控え下さいますよう、お願い致します。
6月10日までに第2波が来なければ、かなり安心してよいのではないかと思います。
次の危険地帯は海外への渡航と、海外からの渡航が解禁された後になります。
新しく変異したウイルスが入ってくるかもしれません。
その次は秋と冬。
秋花粉の症状やインフルエンザと同時に、また感染が拡がるかもしれません。

ワクチンは国内では来年と言われていますので、それまでは大胆な行動は控えるようにしましょう。

プロフィール

湯村一筆

Author:湯村一筆
山梨県甲府市の湯村温泉にある湯村ホテルB&Bは、24時間湧き続ける自家源泉かけ流しの天然温泉と、地元食材たっぷりのお料理が満喫出来る温泉宿。
おひとり様で利用出来るシングルルーム、ご夫婦やカップルに人気の洋風ツインルーム、和風ついんるーむ、ご家族やお友達と楽しめるファミリールームの4タイプのお部屋がご用意されています。
現在、夕食はお部屋で食べることが出来る、安心のテイクアウトメニュー。朝食は感染防止対策を施した、バイキングスタイルでご提供中です。